新入生の皆様

新入生の皆様へ

農友会弓道部は、男子III部優勝・II部昇格、女子II部優勝I部昇格を目指すとともに、
全関東・全国選抜・インカレの優勝を目標として日々努力し練習に励んでいます!

練習が楽しいのはもちろんのこと、楽しい行事がたくさんあります。
楽しく、そして時に厳しく一緒に全国優勝を目指しましょう!

弓道部で目標に向かって一緒に頑張れる友人、先輩、後輩と共に
生涯を通じた、かけがえのない仲間をつくりませんか?

大学四年間、『弓を引きたい!』『何かを成し遂げたい、自分を磨きたい!』と思う人は、
是非道場までいらして下さい。部員が丁寧に部の紹介をいたします。

新入生の入部、心よりお待ちしております!!

 

スポーツ推薦入試について

東京農業大学弓道部
2017年度(平成29年度)スポーツ推薦入試について

平成24年度よりスポーツ推薦入試は廃止となりました

※本学弓道部では、弓道だけでなく学業も身につけるように指導しております。



▼このページのTOPへ

 

入部のご案内〜一般生の方へ〜

東京農業大学を推薦入試で合格された方、またこれから一般入試を受験される方にお知らせです。

東京農業大学弓道部では3月から練習を行っています。
そこで、すでに練習に参加したい方がいらっしゃいましたら是非ご参加していただきたいと思っております。

詳細などは、お気軽にご一報下さい。

道場電話:03-5477-2978
農大弓道部メールアドレス: nodaikyudobu@yahoo.co.jp

▼掲示板でのご連絡はこちら



▼このページのTOPへ

 

練習や道場を見学したいのですが?

道場の見学などは、部員がいればいつでも結構です。 直接道場へお越しください。
平日昼〜夕方でしたら、個人で練習している部員がいると思います。 道場の案内や活動についてご説明いたします。


火曜、水曜、金曜の16時半〜19時半と、土曜の10〜13時に、全体練習をしております。練習風景を見学されたい方はどうぞ。

≪練習メニュー≫
射込み30分、20射(5立)の練習。もしくは射込み1時間、12射(3立)の練習

1. 練習場所 弓道場 (桜丘アリーナ1階)

2. 練習日 火水金16:30〜19:30(農学部生は要相談)、土曜10:00〜13:00

3. 試合日曜・他(通常公式試合・練習試合が日曜日に行われる)

4. オフ期間8月中旬〜1週間、12月上旬〜2月下旬

▼農大弓道部について詳しくはこちら

▼このページのTOPへ

 

農学部(農学科、バイオセラピー学科、畜産学科)でも入部できますか?

大歓迎です!

現在農学部の学生はいませんが、過去には多数在籍していました。

農学部の学生は、土曜日の合同練習のみ世田谷まで来て練習していただきます。
平日の練習メニューについては入部してから主将と相談して決めますが、基本的には授業を最優先とし、無理のない範囲で練習に参加していただくことになります。

もちろん、やる気のある方は毎日参加していただいても大丈夫ですよ!

 

 

▼このページのTOPへ

 

厚木キャンパス、オホーツクキャンパスの弓道部とは何が違うのでしょうか?

同じ農友会体育団体に所属する弓道部ですが、活動が組織ごとに全く違います。

異なるキャンパスに通う学生が一拠点に集まり活動している大学もありますが、本学はそれぞれのキャンパスに弓道部が存在し、独自の活動を行っています。
なお、キャンパス間での移動に制限はなく、厚木キャンパスに通う学生の世田谷弓道部への入部や、その逆も可能です。

私たち世田谷キャンパス弓道部の特徴は、三つの弓道部の中で唯一キャンパス内に道場があり毎日好きな時間に練習ができるということと、東京都学生弓道連盟(通称:都学)に所属しているということです。
ちなみにオホーツクは北海道学生弓道連盟に、厚木は神奈川県学生弓道連盟にそれぞれ所属しています。
所属している連盟によってその特徴や試合数が大きく異なるため、各キャンパスの弓道部に興味のある方は入部前に一度チェックしてみるといいかもしれません。

ちなみに都学の最大の特徴は、なんといっても加盟校が多いということです。
他大の学生と交流する機会も多く、刺激を受けながら成長することができます!
また、東京都学生弓道リーグを始め、各大学の的中率上位者が参加する百射会や女子部記録会など、都学にしかない様々な試合を経験することができます。

 

 

▼このページのTOPへ

 

9月以降の入部はできますか?

できます。

一年中、いつでも入部可能です。

現在所属している部員の中には一年次の9月や二年次の4月に入部した者もいますが、全員在籍期間に関係なく試合で活躍しています。
中には11月に入部した弓道未経験の部員が数か月後には公式戦に出場したケースもあります。

一度は諦めたけどやっぱり弓道をやりたい、新しいことに挑戦してみたいという方は是非一度ご相談ください。

 

 

▼このページのTOPへ

 

勉強と弓の両立はできますか?

練習時間と授業が重なってしまった場合は、授業の方が優先されます。

授業期間中、弓道部の練習は基本的に夕方16時半から練習をします。

学内の道場で練習をしますので早退・遅刻の参加でも大丈夫です。授業にも間に合います。
体育館アリーナの使用時間が、21時までと限られていますので、それ以上の時間での練習は行われません。

夜間・教職・学芸員など、夜間授業が多い部員は授業を優先させ、空いている時間にその分の練習をしています。

 

 

▼このページのTOPへ

 

費用はどれくらいかかりますか?(道具、部費など)

道具など
 初心者経験者
学校の弓を貸出しできます。種類は豊富です。
かけ1〜2万円-
1万円〜(6本)-
胴着3千円〜

高校などの弓道着は 練習では着用可能です。

試合では、農大のネームの入ったものを使用して頂きます。

5千円〜
その他ジャージ、男子-腰帯、女子-ゴム帯・胸あて

初心者の方は、 初期投資に資金がかかるかと思いますが、 4年間使えるものですから、決して高いものではないと思います。
また、段階的に買うものなので一度には負担になりません。

部費など
部費月:1000円学校が助成してくれるのでそれほど高くありません。
合宿費3万円程度年に2回(春・夏)に合宿を行います。
遠征費3万円程度メンバーのみ。
全日本大会が年ごとに東京・名古屋・神戸のサイクルで行われます。名古屋、神戸の会場の場合、遠征費がかかります。
その他また、飲み会の代金を徴収されることはほとんどありません。


▼このページのTOPへ

 

高校からの経験者です

農大で活躍してみませんか?!何年間も同じことを続けられることは、根気のいることです。
大学でも 何かを頑張ったこと は財産になることでしょう。社会に出ても、土壇場で頑張れる気力の源になるのではないでしょうか。
高校で せっかく調子があがってきたのに 引退になってしまったが、もっと弓道をやりたい!
早気や色々な悩みがあり、弓道は…と思っている人でも、的に中てる快感は忘れられないはずです。
ぜひ道場にいらしてみてください。

▼このページのTOPへ

 

大学からの初心者でも大丈夫ですか?

大学からの初心者の方も大歓迎です!

実際、部員で大学から始めた人も多いですよ。練習を積めば試合で活躍することもできます。
また、弓道は身長や運動神経、老若男女問わず誰でもフェアーにできるスポーツです。

練習の手順としては、

1.射法八節(弓の型のようなものです)を何も持たずに弓を引くイメージトレーニング
2.ゴムの弓を使って練習(まだ弓や矢は使いません)
3.本物の弓を持って素引き練習する(矢はつがえません)
4.本物の弓と矢で、巻藁という藁束に向かって射てみる
5.実際に的の前で弓を引く

あとは、弓道経験者と同じような練習メニューをこなします。
コーチ、師範、先輩方が本人にあった練習方法で指導していきます。



▼このページのTOPへ

 

アルバイトはできますか?

練習に支障が出ない程度なら可能です。
シーズン中(4〜10月)は、週2〜3程度なら可能な範囲です。

冬は12月中旬〜2月終わりまでオフになり、学校自体もお休みです。
個人で練習する形になるので、集中的にバイトをしている人も多いですよ。

このページの先頭へ

inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system