道場・練習形態の紹介 

部員数 18名
活動場所 弓道場 (桜丘アリーナ1階、農大グランド横)

施設

設備

弓道場、巻き藁室、更衣室

部室:常盤松会館3階




練習形態

射込み30分、20射(5立)の練習

1. 練習場所 弓道場

2. 練習日 水木金 16:30〜19:30(公式戦2週間前のみ火曜も練習あり)

              
              土曜 10:00〜13:00(公式戦前のみ変更あり)

3. 試合 日曜・他(通常公式試合・練習試合が日曜日に行われる)


4. オフ期間 8月中旬〜1週間、12月上旬〜2月下旬



▼ ページトップへ戻る


所属団体・所属リーグ 

全日本学生弓道連盟、東京都弓道連盟
東京都学生弓道連盟
リーグ編成
男子 女子
H30年度 V部Bブロック2位 U部Bブロック4位
H29年度 V部Bブロック3位 U部Bブロック4位
H28年度 V部Aブロック2位 U部Bブロック5位
H27年度 V部Aブロック1位 U部Aブロック5位(昇格)
H26年度 V部Bブロック2位 V部Cブロック1位(降格)
H25年度 V部Aブロック5位(昇格) U部Bブロック1位
H24年度 W部Bブロック1位 U部Bブロック1位
H23年度 V部Bブロック3位 T部4位
H22年度 V部Aブロック1位 T部6位(昇格)
H21年度 V部Aブロック1位 U部Aブロック1位
H20年度 U部4位

U部Aブロック3位

H19年度 U部4位 U部Bブロック1位
H18年度 U部4位 T部6位(昇格)
H17年度 U部2位 U部Bブロック1位
H16年度 U部4位 T部5位



▼ ページトップへ戻る


顧問・指導体制 

部 長 佐藤孝吉 森林総合科学科 教授
弓道部OB
副部長 井形雅代 国際バイオビジネス学科 准教授
女子監督・弓道部OG
監督 水越哲夫 弓道部OB
師範 小宮栄子 全日本弓道連盟 範士
コーチ 森田義和 弓道部OB
コーチ 高橋良男 弓道部OB
コーチ 枝松陽一郎 弓道部OB



▼ ページトップへ戻る


部員紹介 

主将・主務渉外

福田 壮 埼玉県 東京農業大学第三高等学校
地域環境科学部 生産環境工学科 4年
副将 佐藤 功基 栃木県立宇都宮東高等学校 
応用生物科学部 醸造科学科 3年 
女子責任者 小山 静奈 埼玉県 西武学園文理高等学校
国際食料情報学部 食料環境経済学科 4年
主務渉内
・WEB管理
白水 幹也 静岡県立静岡城北高等学校 
国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科 3年 
女子主務
・弓友会連絡委員
瀧 真弓 群馬県 東京農業大学第二高等学校 
応用生物化学部 栄養科学科 3年 
副務 梶野 遼太郎 埼玉県 東京農業大学第三高等学校 
生命科学部 バイオサイエンス学科 2年 
幹事 山田 智樹 和歌山県立日高高等学校 
応用生物科学部 醸造科学科 2年 
会計 原 渓 埼玉県 東京農業大学第三高等学校 
国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科 3年 
副会計 林 胡琳 東京都立上野高等学校 
国際食料情報学部 国際食農科学科 2年 
弓友会連絡委員 田坂 陽介 長野県立長野西高等学校 
地域環境科学部 森林総合科学科 2年 

WEB管理

五十嵐 明音 埼玉県立熊谷女子高等学校 
短期大学部 生物生産科学科 3年 

 

大川 高広 秋田県立金足農業高等学校  
地域環境科学部 生産環境工学科  1年

 

日下部 貴大  愛知県 名古屋大学教育学部附属高等学校  
地域環境科学部 生産環境工学科  1年

 

福島 大輝 埼玉県 東京農業大学第三高等学校  
応用生物科学部 食品安全健康学科  1年

 

山田 圭人
岐阜県立可児高等学校  
地域環境科学部 生産環境工学科  1年

 

清水 梨華 神奈川県 東海大付属高輪台高等学校
応用生物科学部 醸造科学科 1年

 

鈴木 結香子 千葉県立木更津高等学校
生命科学部 バイオサイエンス学科 1年

 

高木 あずさ 埼玉県 恵泉女学園高等学校
国際食料情報学部 食料環境経済学科 1年



▼ ページトップへ戻る


弓道部の歴史

大正3年
(1914)3月

農友会春季総会において農友会弓術部が誕生した。
(農友会誌による)

昭和4年
(1929)
弓術部は弓道部と改称
昭和20年
(1945)
文部次官通達の武道全面的廃止により活動が中止とされた。
昭和37年
(1962)
活動が中止とされていたが、 同好の士が集い弓道部が再建され、
その後農友会弓道部として復活した。



▼ ページトップへ戻る


弓友会 

東京農業大学農友会弓道部経験者が中心となり、会員数約400名である。



学生活動の支援として 合宿、行事への支援。
皆勤や大会優勝成績に対する学生奨励賞の授与
機関誌の発行 「東京農業大学弓友会ニュース」の発行(年2回)
その他 OB射会の開催を年2回、全関東大会OB射会参加


▼ ページトップへ戻る





このページの先頭へ

inserted by FC2 system inserted by FC2 system )All Rights Reserved. inserted by FC2 system inserted by FC2 system > )All Rights Reserved. inserted by FC2 system inserted by FC2 system